保育士の4人に1人が「週休二日未満」、有給休暇も取りづらい 人材不足解消には働き続けられる環境整備が不可欠だ

休めないよ…!

休めないよ…!

近年、東京を中心に待機児童が問題になっているが、その要因の一つが保育士不足だ。厚生労働省は2017年度には6.9万人の保育士が不足すると試算。一方で、保育士の資格を持ちながら保育士として働いていない潜在保育士は約76万人いるという。

現役の保育士や潜在保育士から業務に対する不満として最も多くあがるのは給与の安さだが、他にも問題は山積みのようだ。7月5日に保育士の求人・転職サイト「保育士バンク!」が保育士の「休暇」について行ったアンケートの結果によれば、4人に1人が「週休二日未満」だという。

自由に有休を取得できるのは3人に1人、上下関係も厳しいので取りづらい