自己肯定感が低くて写真が苦手な女子が”最高の自分”になれる撮影会に行ってみた ビフォーアフターに驚愕!

あなたは写真を撮られるの、好きですか? 筆者は苦手です。まず笑顔とポーズを作り続けるのが難しい。どこを見ればいいのか、普段どう笑っていたか分からなくなります。結果、伏し目がちのカタい笑顔を浮かべた自分が写し出される。

正直、写真うつりがいい人を見ると、学生時代スクールカースト上位だったキラキラ女子なんだろうなとか思います。そんな卑屈さ、妬みから笑顔ができない気がして、最近は最初から変顔します。

そんな中、渋谷ヒカリエで2月24日に開催されたイベント「仕事と働き方の見本市 MOV市-Neighborland-」で「エクスプレシオン styling&photo」という写真撮影をテーマにしたプログラムが行われました。

ライフスタイリストの河面乃浬子さんとウェディングフォトグラファーの藤間俊介さんがタッグを組んでの出展です。今回は写真嫌いの筆者が撮影会に参加し、プロフィール写真やメンタル面のビフォー&アフターを比較してみました!(取材・文:市ヶ谷市子)

「セルフイメージが変われば、自分も変われる」