風邪は医療費の自己負担増、年金の支給は68歳から 財務省の財政再建策に「今すぐ払った分返して」と反発の声 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

風邪は医療費の自己負担増、年金の支給は68歳から 財務省の財政再建策に「今すぐ払った分返して」と反発の声

財政立て直しを目的に、財務省は医療や介護に関連する制度の見直しを進めている。軽い風邪などで診察を受ける場合は、患者の自己負担を増やす案や、年金の給付開始年齢を上げる案などが盛り込まれているという。4月11日に共同通信等が報じた。

個人の負担が増すような制度の見直し案に対し、ネットでは反発の声が広がっている。

「軽い症状で気軽にこれるから重症化しないのでは」

森友学園問題に揺れる財務省だが……

森友学園問題に揺れる財務省だが……

報道によると、日本では軽い症状で診察を受ける頻度が高く、医療費の増加につながっている。そのため軽い症状での受診は、窓口で支払う自己負担を引き上げるべきだと財務省は主張しているという。

また「かかりつけ医」以外の医療機関を受診する場合にも、自己負担を引き上げることを検討している。患者の健康状態を把握している「かかりつけ医」の方が余計な薬代などを減らせると考えられるからだ。

介護費については、調理や掃除などの身の回りの世話をする「生活援助サービス」に、ホームヘルパーではなく、地域住民やボランティアを活用することが提案された。安い費用でサービスを提供し、介護費を抑える狙いがある。

さらに、2025年にかけて60歳から65歳へと段階的に引き上げられる厚生年金の支給開始年齢を、さらに68歳まで引き上げる。

個人の負担を増やしたり、地域住民を駆り出したりするような提案に対して、ネットでは反発の声が広がっている。軽い症状での受診を抑制する案に対しては、「『かぜだと思ってたら実は〇〇だった』って医者でも冷や汗かくような思いをすることある」「軽い症状で気軽にこれるから重症化しないのでは」といった意見が相次いでいた。

「生活援助が簡単に出来ると思ってたら大間違い」「地域によっては担い手確保むずい」

生活援助の担い手を地域住民やボランティアにするという提案については、「地域によっては担い手確保むずい」と人材が確保を懸念する声が多かった。現状ではホームヘルパーや介護福祉士の資格を持った人が担っていることから、

「生活援助サービスがただの掃除洗濯代行なわけねえだろう(中略)要介護度1の認知症老人に配慮しながらの掃除洗濯料理その他諸々の援助が簡単に出来ると思ってたら大間違い」

といった指摘もあった。

年金支給開始年齢の引き上げについても、「今すぐ払った分返して」「もう受け取れる気がしない」と嘆く人が多かった。年金を支払っているのに、支給開始が遅れれば、不満に思うのは当たり前だ。「若い人達が自分達は年金なんか貰えないんじゃないかと益々納めなくなる」と制度の存続を危ぶむ声も出ていた。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

人気記事ランキング

  1. 「女性が結婚相手に望む年収400万円」が男女双方で話題に「みんな現実が見えてきたのかな」「日本は貧しくなった」
  2. 「社長の出身大学」7年連続日大がトップ 東大は前年より順位を1つ上げ11位
  3. 会社員の半数以上が「勤務先は昭和的だと感じる」 昭和の特徴は「休暇が取りづらい」「労働時間が長い」「残業が評価される」
  4. 緊急事態宣言の解除でやりたいこと1位は「外食」 2位に「都道府県をまたいだ移動」が入る
  5. 10代の4割「学校の性教育は役立たず」 「避妊は必要ない」と考える理由1位は「大丈夫だと思うから」
  6. カメは自分の約24倍の重さを運べる! 小学生がカメと作り上げた自由研究のクオリティが高すぎる
  7. 高収入女性は婚活に不利?「稼ぎをあてにしたダメンズが寄ってきそう」「今時女性の高収入はアピールポイント」
  8. 「豊胸した胸をライトで光らせる」テレビ番組の内容「真似しないで」と東京美容外科 「乳がん治療でもシリコン使う。十分配慮を」
  9. 陶芸家が"マナー講師撲滅用とっくり"を販売 「注ぎ口を使わないのがマナー」へのアンチテーゼ「注ぎ口は善意で付けている」
  10. 「鈴木部長は(スズ)じゃないと失礼」 日立独自の「表記ルール」が面白いと話題に

アーカイブ