アルバイトのかけもち理由1位「生活費の足しにしたかった」 職種としては「接客・販売・フード系」が人気 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

アルバイトのかけもち理由1位「生活費の足しにしたかった」 職種としては「接客・販売・フード系」が人気

エン・ジャパンは6月14日、求人サイト『エンバイト』上で3414人のサイト利用者を対象に実施した「アルバイトのかけもちに関するアンケート調査」の結果を発表した。

「アルバイトのかけもちをしたことはありますか?」という質問に「ある」と回答した人は53%。「現在、かけもち・Wワーク・副業するバイトを探している」と回答した人は29%だった。アルバイトのかけもちに意欲的な人が多いことがわかる。

アルバイトのかけもち経験がある人に、理由を聞いたところ1位「生活費の足しにしたかった」(62%)、2位「空き時間を有効に使いたかった」(49%)、3位「自由に使えるお金がほしかった」(32%)で、経済的余裕を求めていたり、時間の有効活用を理由に挙げる人が多かった。

メインのアルバイト以外のサブのアルバイトの職種を聞いたところ、最も多かったのは気軽に始められる「接客・販売・フード系」(45%)で、次いで、軽作業系(28%)だった。IT・クリエイティブ系のアルバイトはわずか2%。高い専門性を求められるアルバイトに掛け持ちで就く事は難易度が高いと推察する。

経済的に潤うが「体力的に大変だった」という人も多数

画像はプレスリリースより

画像はプレスリリースより

かけもちしていた期間については「3ヶ月以上」(56%)が最多。かけもちをして得た収入は「5万円~10万円未満」が25%で最も多く、次が「1万~3万円未満」(24%)、「3万円~5万円未満」(22%)となっている。

かけもちの感想としては、「副収入が得られて満足」(64%)が最も多く、次いで「体力的に大変だった」(50%)「良いバイト経験ができた」(32%)という回答が寄せられた。

アルバイトのかけもちを成功させる秘訣については「スケジュール調整しやすいバイトを選ぶ」(80%)「勤務地が近いバイトを選ぶ」(54%)が上位に挙がった。

スケジュール管理ができていないと、勘違いでダブルブッキングが起こる可能性もある。また、1日に複数のアルバイトを掛け持ちすると、イレギュラーな事態が発生した際、次のアルバイトに影響が出ることもあるので要注意だ。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

人気記事ランキング

  1. 「40代前半がいない」人手不足を嘆く旭化成社長の発言に就職氷河期世代の不満爆発「自分たちが採用しなかったくせに」「当たり前」
  2. 静岡県職員、過去8年で41人自殺という異常な事態 職員労組は「人員不足が大きな原因」と分析
  3. "若者のスナック離れ"の原因1位「食べる時に手が汚れる」 湖池屋「若者の必需品であるスマホと密接な関係」
  4. 「夫の年収、いくらなら専業主婦でも大丈夫?」妊婦の問いかけに「都内で子ども2人だったら1000万でもキツい」と甘くない声
  5. 「メニューを開かずお勧め何ですかって馬鹿かよ!」 初デートで激怒した女性の投稿が話題に
  6. 「日本人のパチンコ離れ」はなぜ起きた? 騒音に副流煙……新規客の取り込みに失敗したホールの怠慢起きるべくして起きた事態
  7. 「裕福な家庭出身者の悩み」に嫉妬レス殺到 「自慢だと思います」「ただの愚痴じゃん」という批判も
  8. BL作品の指定でまた物議 東京都の「不健全図書」指定制度とは何なのか?
  9. 「上司から愛人の誘いがあった」「変な虫がたくさんいた」 今まで経験した「最悪の職場」に驚愕
  10. 大混乱!京都造形芸術大の新名称「京都芸術大」が「京都市立芸大」と酷似 京芸「名称を再考されるようお願いしてまいりましたが…」

アーカイブ