ミドル世代の転職理由1位「給与の不満」2位「会社の将来性」 女性からは「雇用形態を変えたい」との声も | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

ミドル世代の転職理由1位「給与の不満」2位「会社の将来性」 女性からは「雇用形態を変えたい」との声も

マンパワーグループは6月15日、ミドル世代の転職事情に関する調査結果を発表した。調査は2018年3月に実施。直近3年以内に転職した35~55歳の正社員男女400人から回答を得た。

転職を経験したミドル世代400人に転職した理由を聞いたところ、1位「給与の不満がある」(男性35%、女性30.5%)で男女ともに30%を超えた。2位「会社の将来性が不安」(男性34.5%、女性22%)という結果から、男性の方が会社の将来性をより重要視する傾向がわかった。3位には「会社の評価方法に不満がある」(男性19.5%、女性20.5%)がランクインした。

「職務経験」をネックに感じる人も半数近く

転職した理由は……?

転職した理由は……?

女性は、「雇用形態を変えたい」(14.5%) 「家庭環境の変化によるため」(14.0%)という回答が男性より10ポイント以上多かった。女性の場合、結婚をすると家事や子育てなどの負担が増えがちだ。独身時代と同じ働き方を続けるのが難しくなることも多い。

転職活動でネックと感じたことの項目の1位は「年齢」で、男性が64%、女性が69.5%と男女ともに6割以上を占めた。また、2位の「給与」についても、男女とも半数以上がネックに感じており男性54.5%、女性64.5%という結果だった。

ミドル世代は、若年層の社員よりも給与が高額で経験やスキルを考慮したある程度の年収を望むケースが多く、転職先からの提示年収に譲歩することが難しくなる。

3位の「職務経験」をネックに感じた割合は、男性(43.5%)女性(50%)と半数近くを占めまた。転職では、これまでの経験や実績を一番の判断材料とする。未経験の人材を採用するのは、新卒を育成するのと同じ負担が企業にかかるので、経験のない職種への転職は厳しいようだ。

【PR】注目情報

関連記事

オンライン社員訪問で簡単に時給最低5,000円
年収UP確約転職

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

人気記事ランキング

  1. 「妊娠の順番を破ってすみません」勤務先の保育園に謝罪した投書が「闇すぎる」と話題 「うちも毎年二人までって決まってる」
  2. 東京五輪は「狂気の沙汰」と介護士が怒り「現場にワクチンが回ってこないのに五輪関係者が優先。神経を疑う」
  3. 東京五輪開催に不満の声「感染拡大しても誰も責任取らない」「国民が普通の生活取り戻すほうが先」
  4. 家族への不満「50代独身、彼女を作ってもすぐ別れるように諭される。実家を出たら、お金を支援できなくなるから」
  5. 東京で相次ぐ「コルク狩り」の背景 「ヤンキーにとってコルク半はステータス。よそ者がかぶっていると許せない」
  6. 36歳、年収1100万円が転職で半減、子どものお受験も断念 高学歴の外資エリートだった男性
  7. 脳はひとつのことしか考えられない! 「シングルタスク」で生産的に仕事をする4つの方法
  8. 学校の先生から受けたひどい罰 「ガムテープで手首拘束」「二階のベランダから宙吊り」「全校生徒の前でバリカンで丸坊主に」
  9. 【最新版】証券業界の年収ランキング 野村證券30代女性(年収1500万円)「学閥もなく、実力ある社員が評価される」
  10. 「人口減少」に負けない東急電鉄の戦略的洞察力 渋谷や二子玉川で大規模再開発を主導

アーカイブ