既婚者の約3割「年末年始に夫婦げんか」 理由は「夫がパチンコに行く」「夫が子どもの世話をしない」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

既婚者の約3割「年末年始に夫婦げんか」 理由は「夫がパチンコに行く」「夫が子どもの世話をしない」

長期休暇でケンカする夫婦も

長期休暇でケンカする夫婦も

ゲンナイ製薬は1月22日、「夫婦の長期休暇の過ごし方」に関する調査結果を発表した。調査は今年1月に実施し、既婚女性1912人と既婚男性65人の計1977人から回答を得た。

「年末年始休暇をパートナーと主にどう過ごしたか」と聞くと、夫・妻ともに「双方の実家へ帰省」が最多で、次いで「ほとんど家や近所」だった。仕事や趣味の都合で別行動をした人は男性が3.1%、女性が5.7%という結果だった。帰省目的以外に夫婦で旅行した人は、国内外合わせて5%に満たなかった。

年末年始のけんか、休暇に入ってから2~3日目頃が最多

「年末年始休暇中に、軽いけんかや、気まずい雰囲気になることがあったか」については、男性の30.8%、女性の26%が「あった」と回答。

「あった」と回答した人に、「休暇に入って何日目でそうなったか」を聞くと、最も多かったのは「2~3日目頃」(男性55%、女性44.9%)で、以降「4~5日目頃」「初日」と続く。長期休暇は、2~3日目頃にお互い息抜きをする日があると良いかもしれない。

軽いけんかや気まずい雰囲気になった理由を聞くと、「その他」が最も多かったものの、それ意外では「家庭内での言動」、「パートナーの実家・親戚・友人に関して」、「自分の実家・親戚・友人に関して」「外出先での言動」「長く一緒にいることでなんとなく」という結果だった。

「その他」の内容としては、「自分のお客さんなのに他人任せにする」「子どもの世話をしない」「パチンコに行ってしまう」などのコメントが寄せられ、夫の"妻任せ"が原因になっている様子が伺える。

2019年のGW、既婚者の約4割は「ずっと一緒にいられて嬉しい」

2019年のゴールデンウィークにパートナーと過ごす理想の10連休を聞くと1位は「国内旅行」(男性44.6%、女性41.2%)、2位は「家でまったり」(男性35.6%、女性28.9%)、3位は「海外旅行」(男性16.9%、女性23%)だった。

「ゴールデンウィークをパートナーと過ごすことについてどう思うか」を聞くと、男性の43.1%、女性の38.9%が「ずっと一緒にいられて嬉しい」と回答。一方、「一緒は嬉しいが、たまには別行動もしたい」は男性23.1%、女性19.5%、「ずっと一緒でなくても良い」は男性9.2%、女性18.3%だった。

「長期休暇中パートナーに気を遣うこと」について、男性からは「自由時間」、「家事分担」(共に21.5%)が最も多く、次いで「生活時間」(16.9%)、「食事」(13.9%)だった。一方、女性の最多は「食事」(47.2%)で、以降「自由時間」(13.9%)、「生活時間」(11.7%)という結果だった。

「もしパートナーと一緒ではなく、長期休暇を1人で過ごすことになったらどう思うか」を聞くと、男性の33.9%、女性の20.7%は「嬉しい。1人で何をしようかワクワク」と回答したが、男性の66.2%と女性の79.3%は「寂しい。やっぱり一緒にいたい!」と答えた。

【PR】注目情報

関連記事

オンライン社員訪問で簡単に時給最低5,000円
年収UP確約転職

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

人気記事ランキング

  1. 「日本一給料が高い会社」キーエンスの実態 「年に4回のボーナス」「20代で年収1350万円」
  2. 「妊娠の順番を破ってすみません」勤務先の保育園に謝罪した投書が「闇すぎる」と話題 「うちも毎年二人までって決まってる」
  3. 東京で相次ぐ「コルク狩り」の背景 「ヤンキーにとってコルク半はステータス。よそ者がかぶっていると許せない」
  4. "ゆるい"会社に勤めている人 「鳴らない電話番しか仕事がない」「10時と3時にお茶の時間がある」
  5. 「夫の年収、いくらなら専業主婦でも大丈夫?」妊婦の問いかけに「都内で子ども2人だったら1000万でもキツい」と甘くない声
  6. パチンコで“トータル3000万円は負けてる”という40代男性 「他に趣味がない。今は土日限定だけど月5~10万円は負けてる」
  7. 世界の小松製作所、職場環境も超ホワイト? 「子どもが小学3年生まで時短勤務」「出産・育児のハードルが低い」
  8. これってビジネスマナー的にアリ?ナシ?――「スーツなのにデジタル腕時計」「ブランドバッグを持つ」「スナック菓子を食べる」
  9. 働く女性の「電車で化粧させてよおおおお」の訴えに共感相次ぐ 「スッピンに一番厳しいのは同性」という声も
  10. 「ご祝儀3万円って誰が決めたの?1万円にしてくれ!」 結婚式に呼ばれたくない人たちの魂の叫び

アーカイブ