【きのこたけのこ論争】10~40代は”たけのこ”、50代以上は”きのこ”優勢 世代間で好みにギャップ | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

【きのこたけのこ論争】10~40代は”たけのこ”、50代以上は”きのこ”優勢 世代間で好みにギャップ

画像は公式サイトをキャプチャ

画像は公式サイトをキャプチャ

度々論争となる、明治のチョコレート菓子「きのこの山」「たけのこの里」。IT企業のSELFは2月26日、「きのこの山派 VS たけのこの里派」についての調査結果を発表した。調査は今年2月に実施し、同社提供のアプリ「SELF」利用ユーザー1万998人から回答を得た。

「きのこの山」「たけのこの里」について聞くと、「たけのこの里」(51.8%)が「きのこの山」(29%)を大きく上回った。しかし「どちらも」という人も15.6%。「食べたことがない」は2.1%に留まっており、広く認知された商品だということが改めてわかった。

「発売時期の違いなど、各年代による社会背景の影響が強くあらわれた」

男女別に見ると、たけのこの里を好きだという割合は女性(54.4%)が男性(47%)を上回った。

年代別に見ると、10代から40代まではたけのこの里派が優勢だが、50代以降で逆転。50代はきのこの山派(41.3%)がたけのこの里派(35.4%)を上回り、60代はきのこの山派が41%、たけのこの里が14.7%となった。

発売開始は「きのこの山」が1975年で、「たけのこの里」が1979年。今年60歳を迎える人が高校生の頃、きのこの山が発売されたことになる。同社は「各年代による社会背景(発売時期の違いなど)の影響が強くあらわれたと推察されます」としている。

社会的立場別に見ると、たけのこの里派の割合は「会社員」(54.3%)が最も高かったが、「自営業」「学生」「アルバイト」など、いずれの属性においても大きな差は見られてはいない。

また、たけのこの里派の割合を忙しさ別にみると、「忙しい」(53.8%)が最も高く、「忙しくない」(51.3%)、「どちらでもない」(51.8%)をわずかに上回った。調査元は「手を汚さずに食べられる『きのこの里』が忙しい日々と相性が良さそうにも考えられるため意外」としている。

しかし「たけのこの里」の方が、ミルク感の強い甘いチョコレートを使用しているため、「多忙から発生するストレス緩和を期待されているのかもしれません」とコメントしている。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

人気記事ランキング

  1. "ゆるい"会社に勤めている人 「鳴らない電話番しか仕事がない」「10時と3時にお茶の時間がある」
  2. ストレスが少ない都道府県、愛媛県が2連覇! 温暖な気候の方が交感神経が抑制され、リラックスできる?
  3. 徳利の謎マナー、業界団体は「積極的に広めなくて良い」 「注ぎ口を使わないほうが良い」ネットで拡散
  4. 東京五輪、テレビで「観ない」人の複雑な気持ち 「誘致時の約束がほとんど守られていない。世界に対して恥ずかしくて情けない気持ちがいっぱい」
  5. 「日本一給料が高い会社」キーエンスの実態 「年に4回のボーナス」「20代で年収1350万円」
  6. 「内定辞退6割」がトレンド入りで話題に 氷河期世代は「羨ましい」、一方で「いざ内定してみたら闇すぎて」という人も
  7. 「ニートを経験した方が人生観が豊かになる」という説 社畜として消耗するぐらいなら一度社会から離れてもいいのでは
  8. 「メモは取らない方がいい」 茂木健一郎「いきなり書き始めたり、描き始めたりする方が効率が良い」とツイート
  9. 生徒の成績で教員を評価、大阪市の施策は「教師の軋轢生み授業の質下げる」教育コンサルが苦言
  10. 元商社マンが牽引する関西ペイントの「グローバル戦略」 南ア子会社には日本人ゼロ

アーカイブ