世界大学ランキング日本版2020、1位は初の「東北大学」 3位「東京工業大学」は昨年7位から躍進 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

世界大学ランキング日本版2020、1位は初の「東北大学」 3位「東京工業大学」は昨年7位から躍進

東北大学が初の1位

東北大学が初の1位

ベネッセホールディングスは3月24日、「THE世界大学ランキング日本版2020」の結果を発表した。同調査は、世界大学ランキングで有名な英国教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」とともに、278大学を対象に実施。

既存の大学ランキングは主に入学時の学力が軸となっているが、同ランキング指標は「教育リソース」「教育充実度」「教育成果」「国際性」の4分野から構成され、学生の学びの質や成長性に焦点を当てている。

2020年の総合ランキング1位は「東北大学」(昨年3位)で、初めて首位となった。「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」のチーフナリッジオフィサー、Phil Baty氏は、その理由について「教育成果の評判調査スコアの大幅な変化のほか、多くの改善が挙げられます」とコメントしている。

「教育充実度」「国際性」1位は秋田県の国際教養大学

2位は「京都大学」(同1位)、3位は同率で「東京大学」(同2位)、「東京工業大学」(同7位)となった。4位以降、「九州大学」(同4位)、「北海道大学」(同5位)、「名古屋大学」(同5位)、「大阪大学」(同8位)、「筑波大学」(同9位)、「国際教養大学」(同10位)が上位10校となった。

上位20校には続いて「国際基督教大学」、「広島大学」、「早稲田大学」、「慶應義塾大学」、「神戸大学」、「一橋大学」「長岡技術科学大学」、「金沢大学」「東京農工大学」、「上智大学」がランクイン。

分野別に見ると、学生一人あたりの資金や教員比率、教員一人あたりの論文数などの「教育リソース」上位4校は「東京大学」「東京医科歯科大学」「東北大学」「京都大学」。教員・学生の交流や授業・指導の充実度などの「教育充実度」は「国際教養大学」「国際基督教大学」「筑波大学」「立命館アジア太平洋大学」が上位4校となった。

企業人事や研究者の評判調査の「教育成果」は「京都大学」「大阪大学」「九州大学」「東北大学」、外国人学生・教員比率や日本人学生の留学比率などの「国際性」は「国際教養大学」「立命館アジア太平洋大学」「国際基督教大学」「大阪女学院大学」がそれぞれ上位4校となった。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ