新型コロナで疲弊、手芸店員の悲痛な叫び「ガーゼ生地にマスクゴム、必要な分だけ買って」「従業員全員疲弊しています」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

新型コロナで疲弊、手芸店員の悲痛な叫び「ガーゼ生地にマスクゴム、必要な分だけ買って」「従業員全員疲弊しています」

「商品を大量に買い占める人がいる」

「商品を大量に買い占める人がいる」

深刻なマスク不足が続いている中、ガーゼを使ってマスクを手作りしようとする人が増えた。実際に、キャリコネニュース読者の70代男性は「木綿のシーツを買って作成」と自らマスクを手作りしていることを明かす。

手作りマスクの材料を売っているのは手芸店だ。緊急事態宣言が発令された現在も、営業を続けている店は多いらしく、店員からは悲痛の声が寄せられている。(文:林加奈)

「大量に買う人がいる。作って売ってる人なの?」

「マスクを作るためにガーゼの生地を買いにくるお客さんが増えた」と語るのは、大阪在住の20代女性。

「マスクゴムがすぐに売り切れる。大量に買う人がいる。他の人のためにという気持ちはないのか。ガーゼ生地も無地だったら『あるだけちょうだい』と言われる。必要な分だけ買ってほしい。マスクゴムも20~30メートルも一人で買い占めますか?作って売ってる人なの?」

手芸や縫製が得意な人の中には、自分や家族の分だけでなく、ハンドメイド品として販売している人もいる。在庫があるうちに多く買い占めているのだろう。福井県に住む20代女性も同様に不満をこぼす。

「ガーゼ、マスクゴムの入荷がない。買い占めの方が多い。赤ちゃん用のスタイのセットまでマスク用に買っていきます。あればあるだけ買っていこうとされる方が多い。そんなに皆さん手作りマスク作ってますか?」

「通常ならありえないクレームも増えた」

兵庫県の40代女性が働く店では「客数は通常の3倍」になった。ところが、

「従業員を急に増やせないので人手不足のうえ、ガーゼやマスクゴムはないのかと問い合わせ多数。どのような生地が良いか、どうやって作るのか等、店頭でわかりやすいPOPをいくら掲示しても問い合わせが絶えません」

女性は、客のモラルに対しても疑問を持ち始めている。「社会的距離を守っていただけず、通常ならありえないようなクレームも増え、従業員全員疲弊しています。自宅で過ごし時間も多いせいか、明らかに不要不急の買い物も多く、限界です」と綴る。

他にも「会社が営業するというから出勤しているが、本当に生活に必要なのか疑問。布マスクより店を開けないで人の移動を少なくする方がいいと思ってる」(東京都、40代女性)という声もあった。

現在の社会情勢を考えると、ガーゼやマスクゴムが売っていないのは仕方のないことと諦めるほかない。コロナ禍においては、マスクを販売しているスーパーやドラッグストアだけでなく、手作りマスクを支える手芸店の店員にとっても大きな負担になっているようだ。

※キャリコネニュースでは引き続き【新型コロナ】緊急事態宣言でも出社しなくてはいけない人「【新型コロナ】給付金10万円の使い道は?」に関するアンケートを募集しています。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ