新型コロナで収入減、フリーランスの実情 「得意先の高齢者施設が出入り禁止で収入ゼロ」という訪問美容師 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

新型コロナで収入減、フリーランスの実情 「得意先の高齢者施設が出入り禁止で収入ゼロ」という訪問美容師

「3月下旬から収入ゼロ」という人も

「3月下旬から収入ゼロ」という人も

新型コロナウイルスの猛威は国民の生活も蝕んでいく。個人事業主の中には、死活問題になっている人も多い。キャリコネニュース読者からも

「個人でダンススタジオを運営しています。営業が出来ないので収入源を絶たれました」(福岡県/50代女性)
「フリーの営業です。収入は6割カットになり、通常時の4割では生活できません。持続化給付金を申請しても、給付までかなり時間がかかりそうで不安です」(千葉県/50代女性)
「個人のリラクゼーションサロンです。3月の収入がいつもの半分になり、4月は8日から完全に休業になったため9割減です。人の体に触れる仕事なので、緊急事態宣言が解除されても感染リスクは高く不安しかないです」(兵庫県/40代女性)

といった声が寄せられている。(文:鹿賀大資)

「店舗を持っていれば少しは売上も見込めたかもしれません」

個人で訪問美容を行う福岡県の30代女性もその一人だ。女性は店舗を持たず、複数の高齢者施設を得意先としている。2月中旬から施設に出入りする際の制限をかけられ、4月にはすべて施設から出入り禁止を言い渡された。なお、現在の収入はないという。

「国は『美容は自粛対象外』と言っていますが、私の事業は自ら自粛しなくても仕事がなくなってしまいました。高齢者を助けるはずの仕事が、今は悲しい自体となっています。美容室の店舗を持っていれば、少しは売上も見込めたかもしれません。そう考えると日々、辛くなるばかりです」

仕事がないからといって、訪問営業する訳にもいかない。仮に自身がコロナウイルスを持ち込めば、施設内でのクラスター感染も考えられるため、と女性は綴る。

「多くの高齢者を犠牲にしたくはありませんが、自身の生活を考えると悔しいです。どうか一日も早い給付の手続きが始まってくれること、コロナウイルスが終息してくれることを祈るばかりです」

ホステスの女性「“個人事業主だから給料補償はありません”と言われてしまいました」

大阪府でホステスをする30代女性は、業界の厳しい現状を明かす。コロナの影響で2月から時短勤務が始まり、月収は10万円も減少した。3月はさらに出勤日数を減らされ、収入は約3万円まで落ち込んだという。

「3月下旬より休業になったので、そこからの収入はゼロです。お店からは『ホステスは個人事業主扱いだから給料保証はありません』と言われてしまいました。実際に保証はなく、何の補助もありません」

女性は「よくネットで水商売を叩くコメントがありますが、私はちゃんと確定申告も納税もしています」と続け、「びっくりするような額を稼いでいるのは、ごく一部のキャバ嬢だけだと思います」と訴えている。

※キャリコネニュースでは引き続き「新型コロナウイルスで収入は減った?」「【新型コロナ】給付金10万円の使い道は?」に関するアンケートを募集しています。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

人気記事ランキング

  1. 「女性が結婚相手に望む年収400万円」が男女双方で話題に「みんな現実が見えてきたのかな」「日本は貧しくなった」
  2. ニッポンの漁業を盛り上げる驚異の「鮮度保持技術」 解凍した4年前のタコが吸い付く
  3. 「育児って孤独」と訴える女性たちの叫びが涙もの 「ブラック企業に勤めていたときより育児の方がキツイ」
  4. 社長が勝負接待で使った最高額は平均26.3万円 これは間違いない!と思う料理1位「寿司」、2位「会席料理」
  5. 会社員の半数以上が「勤務先は昭和的だと感じる」 昭和の特徴は「休暇が取りづらい」「労働時間が長い」「残業が評価される」
  6. 非正社員の女性の悩み1位「給料が低い」 「いつ雇用を切られるか不安」「社歴が長い人の態度が横柄」などの悩みも
  7. 緊急事態宣言の解除でやりたいこと1位は「外食」 2位に「都道府県をまたいだ移動」が入る
  8. カメは自分の約24倍の重さを運べる! 小学生がカメと作り上げた自由研究のクオリティが高すぎる
  9. 高収入女性は婚活に不利?「稼ぎをあてにしたダメンズが寄ってきそう」「今時女性の高収入はアピールポイント」
  10. 「豊胸した胸をライトで光らせる」テレビ番組の内容「真似しないで」と東京美容外科 「乳がん治療でもシリコン使う。十分配慮を」

アーカイブ