新型コロナで退職を決意「解除後すぐ出社。密な職場が怖い。ソーシャルディスタンス1メートル以下」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

新型コロナで退職を決意「解除後すぐ出社。密な職場が怖い。ソーシャルディスタンス1メートル以下」

密な職場で苦労したエピソード

密な職場で苦労したエピソード

新型コロナウイルスがきっかけで、「会社の本性を知ってしまった」という人は少なくない。キャリコネニュース読者からも、

「会社には1億円以上の残高があるのに『2割の減給か休業か選べ』と迫られた。今の経営状況からして給与減額や休業の緊急性はないはずだが」(東京都/30代男性/営業職)

といった経験談が寄せられている。男性は会社側の対応に納得できず、どっちも拒否した。しかし会社側が「否応なしに休業を強要した」ことで、退職を決意したという。今回は、コロナ禍における退職エピソードを紹介する。(文:鹿賀大資)

めまいで休むも「それってコロナじゃないの?」「味覚症状はあるの?」

東京都で事務・管理職をする20代女性が綴るのは、緊急事態宣言解除後の会社の不十分な対応についてだ。会社は解除が発令された途端に、全員出社の指示を出したという。

「社内ではソーシャルディスタンスがまったく保たれず、隣の人との距離も1メートル以下の状況です。怖くて会話もしたくありません。今までのリモートワークでも何ら問題なく仕事が出来ていたのに……」

それに比べて大半の取引先は、解除後に何かしらのコロナ対策を取っていたという。

「他社ではリモートワークの継続など、新しい働き方が構築されていました。そうした状況を目の当たりにすると、うちの会社は考え方が古いです」

女性は会社に将来的な不安を抱き、退職を決意したという。

神奈川県でパート・アルバイトをする40代女性は、上司の無神経な態度に嫌気が差している。女性はコロナ前に、めまいで2度ほど会社を休んだことがあった。

そのことは上司も知っていたが、コロナ騒動の中で女性が再びめまいで休むと、「それってコロナじゃないの?」と言われた。さらに上司は翌日も「味覚症状はあるの?」と疑ってきたという。

「そこから体調不良によるものだ、という説明より、コロナではないことを証明しなくてはならなくなった。結局は鬱状態に陥り、長期休暇を申し入れると『みんなに今の病状を報告してほしい。そうじゃないとコロナだと思われるから』と言われた。さらに体調は悪化した」

女性は「今も原因不明の色々な症状に悩まされている」と辛い胸中を明かしている。

「妊婦だから、子どもがいるからという理由で特別扱いはできない」

茨城県で事務・管理職として働く30代女性は、コロナがピークだった時期に会社から受けた心ない扱いを振り返る。女性には幼稚園に通う子どもがいる。またお腹にもう一人を抱えながら勤務していたという。

「当時、本社は既にリモートワークを取り入れていましたが、私の営業所は出社でした。コロナによる不安はもちろん、幼稚園の登園自粛もあり、会社に在宅ワークを申し出ました。でも外回りを代わってもらえることも、リモートワークを許可されることもありませんでした」

その際、会社から「妊婦だから、子どもがいるからという理由で特別扱いはできない」とも言われた。さらに性格まで否定され「泣く泣く諦めました」という。その後は「妊娠したタイミングが悪い」「新型コロナが悪い」と怯えながら業務をこなす日々が続いた。

「取引先を訪問中、会う人たちから、うちの営業所に“協力”という文字がないこと、虚しさを指摘されました」

という。女性は「それでスっと何かが落ちたかのように、辞表を書いていました」と綴っている。

※キャリコネニュースでは引き続き「新型コロナで退職を決意した人」「お箸の持ち方、気になりますか?」に関するアンケートを募集しています。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ