テレワーク→通常出社に戻され退職決意した女性「社長にリモートの利点を説明しても”気に入らない”と怒鳴りつけられ」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

テレワーク→通常出社に戻され退職決意した女性「社長にリモートの利点を説明しても”気に入らない”と怒鳴りつけられ」

「もうこんな会社にはいられない」と決意した女性

「もうこんな会社にはいられない」と決意した女性

緊急事態宣言が解除され、テレワークから通常出社に戻した職場は多い。そうした中、理不尽な会社都合で通常出社へと戻されたことに、不満を募らせている人もいるようだ。東京都の20代女性はキャリコネニュースに、

「テレワーク業務は問題なかった。しかし社長の一存で通常勤務に……。私は、呼吸器疾患のある高齢の親と同居しているため、通勤が恐怖で眠れない日々を過ごしている。その旨を人事に伝えたが『社長には言えない。言っても出社か解雇の一つだ』と言われた」(流通・小売系)

といった声を寄せている。今回は首都圏を中心に寄せられた、会社の方針をよしとしない人たちの投稿を紹介する。(文:鹿賀大資)

「緊急事態宣言が終わり、よく乗り切りました。これから再始動!頑張ろう!」

公務員の40代男性の職場では、新型コロナの影響で在宅勤務に切り替わり、問題はなかった。それが現在は「あっさりと元どおりの出勤を強いられている」という。

「組織としては一応、テレワークによる出勤回避を推奨してはいる。ただ、60歳に近い上司がテレワークに否定的なため、なぜか一切のテレワークを認めない、という風土になっている。パワハラではないだろうか」

商社系の東京事務所に所属する30代女性の本社は、都外にある。そのことから「温度差を感じています」という。

「社長は『緊急事態宣言が終わり、よく乗り切りました。これから再始動!頑張ろう!』と言っていました。社内では、食堂に机を出してクリアガラスを置き、臨時の事務所にしています。でも結局、社員同士のお喋りで飛沫しまくりです」

女性は「コロナは終わっていませんが、そこまでして全員出社しなければならないのか」と呆れる反面、「従うしかありません。満員電車に乗るのが怖いです」と不安を拭えない。

「リモートワークで会社にどんなメリットがあるか説明しろ」

メーカー系勤務の40代女性の職場では、社長と人事部長がリモートワークに反対したことで強制的に全員を通常出社に戻している。緊急事態宣言中に実施したリモートワークは「うまく行っていた」という。

「例の2人は『過去に失敗しているから』とか『社員はリモートワークに順応できない』とか言い訳を並べていた。経営会議で半数以上のメンバーが『出社はまだ危険なのでは?』と提言しても、社長は否定し続けた」

しかも「リモートワークで会社にどんなメリットがあるのか説明して、自分を説得しろ」と言ったという。現場側も負けじと、社長に説明した。しかし社長はそれが気に入らず、パワハラを始めたという。

「最終的には、私たちの提案が『気に入らない』と怒鳴りつけ、『仕事をしてない』というシナリオまで用意して退職勧奨に持ち込まれた。それも人事と結託して」

女性は苦渋の決断に悩んだ末「もうこんな会社にはいられない」と退職した。

※キャリコネニュースでは引き続き「テレワークから通常出社に戻って思うこと」「お盆休み、ありますか?」に関するアンケートを募集しています。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

アーカイブ