esports大会に参加すると仮想通貨がもらえる!? タイムチケット独自の仮想通貨「タイムコイン」が描く未来

0905time近年、スキルやモノなどを共有してお金をやり取りする「シェアリングエコノミー」、企業に所属せずに個人がインターネットを介して仕事を請け負う「ギグ・エコノミー」の市場が拡大している。【click here for english version】

しかし、多くの人が自分の時間をフレキシブルに使いながら、収入を得る方法を模索する一方、活動資金や顧客獲得の手段はまだまだ限定的・非効率的で、新しい働き方が確立されたとは言い難い。

今回は個人のスキル・経験を取引できるマーケットプレイス「タイムチケット」や、esports選手とファンを支援するサービス「eSportStars(通称:いぽすた)」を運営する株式会社タイムチケットのCEO、各務正人氏に同社が発行する仮想通貨(タイムコイン)で個人の取引履歴や活動実績を評価するブロックチェーンプロジェクト『タイムコインプロトコル』の取り組みを聞いた。

“タイムマイニング”と”esportsマイニング”が鍵に