「息子のお嫁さんがコロナを理由に孫に会わせてくれない」 義母の不満に批判相次ぐ

孫に会えないのは仕方ない?

孫に会えないのは仕方ない?

新型コロナの影響で、孫に会えずに寂しい思いをしている人は多いだろう。ヤフー知恵袋に8月下旬、「息子のお嫁さんがコロナを理由に孫に会わせてくれません」という相談が寄せられた。相談者は東京都在住の女性。3人の息子がいるものの、結婚して家を出たのは末っ子の一人だけ。たった一人の孫は1歳の可愛い盛りだが、感染予防のためと息子に言われ、正月から会えていないと嘆いている。

この秋、嫁は二人目を出産する予定だが、上の子も連れて遠方の県に里帰り出産することや、病院も面会謝絶なので赤ちゃんに会えないと聞いた相談者。「内孫なのに、お嫁さんのご両親ばかりが孫に会えて、長期で一緒に暮らすことができて、羨ましいです」と不満をこぼし、

「お嫁さんの実家の玄関まで行って、産まれた孫を見せて貰ったりはお願いしてもいいでしょうか?せめて上の子だけでも抱っこしたりしたいです」

と相談していた。(文:篠原みつき)

「自分の願望ばっかり」「『内孫なのに』と言っている時点でアウトです」

「内孫」とは、家や姓を継ぐ孫のことだが、いまどきそれを自分の権利のように振りかざすのは時代錯誤だ。相談者のあと2人の息子はこの先結婚する望みが無いらしく、唯一の孫に全神経が集中してしまっている様子だ。

相談者は、「息子からは、電話の声や言葉の端々に『お母さんにも会わせてあげたいけど……』という気持ちが聞こえます」と息子を庇い、

「私たちには会わせないけれど、あちらの両親とはしばらく生活するという方針が、お嫁さんの希望なのだと思うと、悲しみと怒りがどうしても」

と、憤りを綴っていた。なぜか怒りの矛先は嫁に向かっている。

この相談に対する回答は、「相談者がわがまま」と批判する声が相次いだ。

「自分のことしか考えていない義母だなと思いました。(中略)そもそも、『内孫なのに』と言っている時点でアウトです。だから何?って感じ」
「うわぁ最低……自分の願望ばっかり……。東京に住んでるのに、自分が無症状でウィルス運んで感染させちゃう可能性より、抱っこの願望の方が先なんですね」

間違っても嫁の実家に押し掛けてはいけない、申し出るだけで非常識、「そんなことしたら絶縁もの」など、相談者の希望に大反対する声が溢れた。「いまは仕方がない、男親なのだから諦めて我慢すべき」と厳しく諭す人も多かった。

「コロナが理由ではなく、干渉を嫌がられているのでは」という指摘