JR各社で相次ぐ減便発表 ”新しい生活様式”で電車はどうなる?

JR各社が終電繰り上げを決めている

JR各社が終電繰り上げを決めている

長引く新型コロナウイルスによって、鉄道業界も”新しい生活様式”に対応しなければ段階に来ている。

JR各社が8~9月にかけ、2021年春以降の終電時刻の繰り上げや減便を相次いで決定した。JR東日本は、東京から100キロ圏内の各路線について、30分程度の終電繰り上げを発表。新型コロナウイルスの流行を契機に利用客の働き方や行動が変化したことで、深夜時間帯の電車需要が大幅に減少しているという。

同社は9月3日付けのリリースで「今後、感染が収束した後も、テレワークやEコマースなどはさらに広く社会に浸透していくことが想定され、お客さまの働き方や、行動様式も、元に戻ることはないと考えています」と見解を述べている。

事前アンケートでは、繰り上げ実施に反対する人はごくわずか