オンライン採用の副作用「内定ブルーの激化」にご用心 入社後の定着にも影響

オンラインだけでは不十分なこともある

オンラインだけでは不十分なこともある

今年の新卒採用・就職活動は、コロナ禍によって様々な混乱がありました。それでも、インターネット上で説明会や面接などを行うオンライン採用が急速に進展したことで、なんとか必要な人員を採り終えたところが多いようです。

10月の内定式も終わり、今後の辞退の可能性もほぼ感じない、今年はこれで一件落着だという採用担当者の声をよく聞きます。しかし、一方で学生からこんな声も聞きます。(人材研究所代表・曽和利光)

「ある会社に内定をもらい、納得して就職活動も終えました。特に他に動いているわけではありません。なのに、徐々に『この会社で決めてしまって、本当によかったのだろうか?』と不安な気持ちが芽生えてきました」

不安は一種の「八つ当たり」でもある