大河ドラマ『麒麟がくる』コロナにもめげず完結! 麒麟は果たしてやってきたのか?

画像は公式サイトをキャプチャ

画像は公式サイトをキャプチャ

去年から今年にかけて、あらゆるものが新型コロナウイルスの影響を受けた。東京オリンピックなんてその最たるものだろう。

せっかくNHK総合の大河ドラマ『いだてん』を放映して、オリンピック熱を高めていたというのに、開催は延期。原因となったコロナは未だに鎮圧できておらず、続く『麒麟がくる』も、話数が削減された全44話での放送を強いられた。

また、『麒麟がくる』は放映期間中に撮影中断の憂き目を見ており、例年通りの放送すらままならない状況の中をひた走ることとなった。そんな本作がついに最終回を迎えた。作中では、タイトルにある麒麟が到来したとき世に平和が訪れる、と言われていた。では実際に麒麟が到来したのか。ちょっと考察してみたい。(文:松本ミゾレ)

良い意味で変わらなかった十兵衛、悪い意味で変わらなかった信長