「貯金額2800万円だけどいくら貯めても不安」という31歳女性の悩み 「親への仕送り8万円をやめなさい」と助言相次ぐ

「いくら貯めても不安」

「いくら貯めても不安」

新型コロナウイルスは終息の兆しを見せず、先の見えない日々が続いている。こんな時代だからこそ「貯金がいくらあっても安心できない」という人は多いだろう。お悩み解決掲示板に3月中旬、「お金貯めても貯めても不安です。 そんな方いますか?」という相談が寄せられた。投稿者は今年結婚する予定という31歳女性だ。

貯金は2800万円ほどあるが、いくら貯めても不安な原因として「親にお金がないこと」を明かしている。両親は、投稿者が子ども頃からお金がらみの喧嘩が絶えず、現在父親は早期退職し、母親はずっと専業主婦だという。

「老後は私たちのめんどうみてなと言われています。2人ともまだ50代ですが働いていません。今は毎月8万仕送りしています」

将来は老人ホームのお金も、ひとりっ子の自分がどうにかしなくてはならないと思い詰め、平日は会社員、土日は別の仕事で働き、休みたくても休めないとこぼしている。(文:okei)

「親を突き放す事も必要です」