“歴史から消された女性古生物学者”映画『アンモナイトの目覚め』 女性から女性への「仕事と私、どっちを取る?」

(C)2020 The British Film Institute, British Broadcasting Corporation&Fossil Films Limited

(C)2020 The British Film Institute, British Broadcasting Corporation&Fossil Films Limited

ケイト・ウィンスレットとシアーシャ・ローナンの実力派女優2人が共演する映画『アンモナイトの目覚め』(監督:フランシス・リー)が4月9日、公開される。時代設定は1840年代だが、仕事や恋愛への思いが鮮やかに描かれており、今だからこそ観てほしい映画の1本だ。

主人公のメアリー(演:ケイト・ウィンスレット)は、実在の人物がモチーフだ。メアリーは生涯独身だったが、誰かと恋愛関係にあったのかなどは明らかにされていない。映画でその”誰か”を女性として自然に描いているのも、現在ならではといえるだろう。

“歴史からかき消された女性”と”あるべき女性像”でいられなかった女性