客先の事務所に無言で上がりこむ ダメ上司Z氏の「コミュ障伝説」

この春入社した皆さんは、そろそろ配属先が決まってくる頃でしょうか。どんな仕事でも、人と人とのコミュニケーションが必要となってきます。取引先もそうですし、同僚や上司とも良い関係を築いていくことが、社会人生活を楽しくするコツの1つです。

いくら仕事ができても、コミュニケーション能力が低すぎると、職場はトラブルの巣窟となってしまいます。というわけで今回は、私が以前いた会社のダメ上司のお話をします。私の中で彼は「反面教師」となっており、実に様々な伝説を残しております。(文:光明隠歌)

唯一の言葉は「そんなこともわからないのですか」

ダメ上司。仮にZ氏とします。見た目で私と同じ年か年下だと思っていたら、実は10以上も年上な童顔。しかし、その実年齢を知る人も少ないほど、他人との会話を拒否する男性でした。彼の日常は、たとえばこんな感じです。

・事務所に無言で入ってくる
・「おはようございます」と言っても無言で反応なし。首も振りません
・黙って帰るので、気が付くと事務所にいない
・事務所内に人が増えると、黙って事務所を出て自分の車の中で仕事をしだす(別に座るところがない、とかではない)
・上司なのに、社内の懇親会の参加を拒否する

唯一まともに会話できる同僚が1人いたのですが、彼の退職後は誰も意思疎通ができないまま。仕事はできるのですが、業務上の質問などにはテンプルにカチンとくる口調で、

「ははは、そんなこともわからないのですか」

とだけ言って去っていくのが日常で、ぶちきれる同僚や部下をなだめ、疑問に答える役目はたいてい私。そんな男がなぜ上司なのかといえば、単に入社が早かった、それだけなのです。

彼は客先に出張してサポートをする仕事もするのですが、社内でまともにコミュニケーションを取れないZ氏が何かを引き起こすということは、想像がつくと思います。実際問題、クレーム率はダントツでこのZ氏。そして、Z氏のクレーム対応が回ってくるのも、大抵私の業務でした。

無言で作業し、黙って報告書をつき出す

(イラスト:光明隠歌)

(イラスト:光明隠歌)

その日も、元々Z氏案件だったものがクレームになってしまったため、客先にお詫びと再対応に向かったのでした。私がオフィスを訪れると、お客様は「あ、別の人が来たから分からんかった」と言って、ホッとした表情を浮かべました。

そこで、お詫びを申し上げ、前回の続きをさせていただきたいと言うと、

「ああ、それね。それなんだけどね。実は終わってるんだよ、この間の人が全部」

念のため確認しましたが、確かに作業項目の内容は全て完了しています。じゃあなぜ、再対応業務になっているのか?

「いやあ、この間の人さ、本当にひどくって。こんにちはの一言もなく、いきなり事務所にズカズカ上がり込んできてさ、黙って作業を始めたんだよ」

お客様が出してくださったお茶を飲みながら、「はあ!?」と素っ頓狂な声を上げてしまい、慌てて口を塞ぐ私。しかし、お客様はニコニコして続けます。

「で、さ。パソコンの設定とか終わったあと、黙って報告書つき出すんだよ。サイン書けって。そりゃあ怒るだろ?!」

本当に申し訳ありません……。あまりの酷さに、深々と頭を下げるしかありません。

「まあ、いいよ。あなたは良さそうな人だし、この間の人、若かったみたいだし。新人教育しっかりしてくれよ。最近の若者はそのへん、たるんでるからな」

お客さま、すみません。彼は若くないんです。あれで40超えてるんです。

それでも黙って事務所を後にする

その後、事務所で事務処理をしていたら、Z氏がいつものように何も言わず事務所に入ってきました。いつもは諦めている私ですが、さすがにこのときは、

「最低限、あいさつはしてください。出社時や退社時も!」

と怒ったのですが、結局、帰るときも黙って事務所を出ていきました。そして、私のもとには、

「あのまともに会話できない若者、何とかしろ!」

というクレームの電話が、その後も掛かり続けているのでした。

あわせて読みたい: 「おんなPCサポーターが行く!」バックナンバー

超絶難しいコミュ障からの脱出: ~友達0から友達1人、2人にするための本~
超絶難しいコミュ障からの脱出: ~友達0から友達1人、2人にするための本~
  • 発売元: 表裏未里
  • 発売日: 2014/04/26