伊藤忠商事が残した朝型シフトの「成果」 夜10時以降の残業ゼロ、タクシー代も削減

2015年は「働き方」を変えようとする取り組みが注目された年だった。夏の間、朝早く出勤する「ゆう活」もその試みのひとつだが、その効果はどうだったのだろう。テレビ朝日は12月26日、伊藤忠商事の「朝型勤務」の実態を取材していた。

伊藤忠では去年5月から午後8時以降の残業を原則禁止し、午後10時以降は完全に禁止している。代わって午前5~8時に深夜勤務と同額の割増賃金を支給することで、早朝勤務にシフトさせている。代表取締役常務の小林文彦氏はそのねらいについて、こう語る。

「朝だったら頭もスッキリするし、終わりの時間も決まっているので、必ず仕事が合理的に進むだろう」

2児の父、午後5時半に退社して保育園へお迎えに