年収200万円以下の若者、下流社会からの脱出なるか!? 有吉ジャポンの新企画「成り上がりジャポン」

「有吉ジャポン」ウェブサイトより

「有吉ジャポン」ウェブサイトより

年収200万円以下の若者が下流社会からの脱出を計る「成り上がりジャポン」が、「有吉ジャポン」(TBS系)の新企画として1月22日からスタートしている。同企画は、外食チェーン店を展開するエムグラントフードサービス代表の井戸実氏が、今年出店する新店舗のオーナー店長となる人物を探すというもの。

「ロードサイドのハイエナ」と呼ばれる井戸氏は、約300もの経営不振のレストランを再生させ、グループ年商70億円を稼ぎ出す超ヤリ手。オーナーとして新店舗を任せる人物には、資金として現金3000万円を投資する。年収1800万円も夢じゃないのというのだから、まさに「成り上がり」である。(文:みゆくらけん)

第一次面接は「一番最初に手を挙げたから合格」