廃棄食品の横流しもたらす「大量廃棄」はなぜ起きる? 識者は「小売が強すぎてメーカーが過剰在庫抱える」と指摘

マニフェストについて説明する食品産業センターのウェブサイトより

マニフェストについて説明する食品産業センターのウェブサイトより

大量の食品が廃棄される裏で、「カレーハウスCoCo壱番屋」が廃棄したはずの冷凍カツが横流しされた。先月13日に行われた立ち入り調査では、名だたる食品メーカーの味噌や惣菜など108品目もの廃棄食品の横流しが明らかになっている。

うち78品目は「どこから流れて来たかすら不明」だというから驚きだ。2月2日放送の「クローズアップ現代」(NHK総合)では、チェック制度の甘さにつけこまれた廃棄物処理制度の実態を取材していた。

冷凍カツは「相場の半額」で廃棄処理を依頼されていた