「厚労省もブラック根絶に本気出せ」 ニート向けWEBコンテンツ「キミはまだ本気出してないだけ」に不満噴出

サポステの特設サイト

サポステの特設サイト

少子化による人手不足が深刻化する日本だが、その一方で働いていない若者もいる。内閣府の「2015年版子ども・若者白書」によると、15歳から34歳での若年無業者(いわゆる「ニート」)の数は56万人で、同世代人口の2.1%を占めている。

若年無業者の就職支援策を行うために、厚生労働省は「地域若者サポートセンター」(サポステ)を全国160カ所に設置しているが、その認知度は13.2%と低い。そこでサポステに関心を持ってもらえるようにとマンガのキャラを使ったWEBコンテンツを公開しているが、ネット民にはあまり評判がよくないようだ。

「ニートの良き伴走者でありたいと思いを込めた」というが