参院選の争点に「最賃引き上げを!」 最低賃金大幅引き上げキャンペーン委員会の院内集会に福島みずほ、山本太郎も駆けつける

左から小池晃書記局長、民進党の初鹿明博衆院議員、社民党の吉田忠智党首と福島みずほ副党首

左から小池晃書記局長、民進党の初鹿明博衆院議員、社民党の吉田忠智党首と福島みずほ副党首

7月に予定されている参議院選挙で、最低賃金の引き上げを争点に入れるべく、5月17日、最低賃金大幅引き上げキャンペーン委員会が「最低賃金をいますぐどこでも時給1000円に!時給1500円をめざす院内集会」を衆議院第二議員会館で開催した。労働組合の参加者や国会議員ら約80人が集まった。

主催したキャンペーン委員会の岡本哲文さん(下町ユニオン)は、「最低賃金の引き上げが、非正規雇用労働者をはじめ、低賃金で働く労働者の賃金の底上げに直結している」とあいさつした。

「最低限の生活をしていても毎日毎日お金の不安はつきません」