帝国ホテルのバカッター騒動で考えるサービス業のあり方 時給1000円のバイトが働く現場で「最高のおもてなし」は維持できるのか

サービス業に携わっている人が、客の情報をSNSで勝手に発信して炎上するケースが依然として多い。不動産屋が部屋を探しにきたタレントについて投稿したり、飲食店の従業員が著名人の食べたメニューを無断で紹介してしまったり。特に、アルバイトや派遣といった非正規従業員がやらかしてしまうことが多いようだ。

5月20日にも、従業員が顧客情報を勝手にツイッターに投稿したとして帝国ホテルが謝罪文を発表している。(文:松本ミゾレ)

バカッター騒動を引き起こしたのも「業務委託先の従業員」