経産省の「ホワイト企業」制度にネット冷ややか 「法律違反取り締まれ」「下請けが超絶ブラックを引き受けてるだけ」

長時間労働などで社員を疲弊させる「ブラック企業」の対極にあるのが、社員の健康に配慮する「ホワイト企業」だ。ホワイト企業といっても何をもって判断すればいいのか難しいが、このたび参考になる目安が生まれそうだ。

経済産業省は22日、社員の健康管理を経営的な視点で考え、健康増進に取り組む企業を認定する制度を新たにスタートすると発表した。その名も「健康経営優良法人(ホワイト500)」。健康経営を実践する企業の拡大がねらいだ。

「定期健診受診率(実質100%)」などを評価