読書家のカズレーザー「読んだら処分し読みたくなったらまた買う」にネット民驚嘆 「身軽でかっこいい」

大量の本、どうしてる?

大量の本、どうしてる?

読書好きにとって本の保管・整理は永遠のテーマだ。好きな本は手元に置いておきたいし資料として持ってたい場合もあるが、狭いニッポンの住宅事情では、いつも頭を抱えることになる。

11月10日放送のテレビ朝日「アメトーーク」に読書芸人として登場したメイプル超合金のカズレーザーは、そんな読書家たちの驚きと称賛の的になっていた。同志社大学卒で高学歴芸人としてもブレイク中の彼は、年間200冊は本を読むという。(文:okei)

「20冊くらいになったら後輩にあげたり、古書店に売ったり」