「辞める気満々で仕事してると出世する」って本当? 恐れるものがないから強気にはなれるけど

僕は非常にクライアントに対して腰が低く、要求する報酬もリーズナブルなタイプの物書きである。まあ、ライターなんて大抵そういう人間が多いんだけど、そんな僕には最近になって弟子が2人出来た。

弟子が食えるように面倒を見るのも大事な仕事なので、仕事を見つけてきて、この2人に「これやってみ」と紹介してみた。

不思議なもので、自分がもらう報酬については高望みしないんだけど、いざ弟子のために仕事を探すとなると、報酬をできるだけ高く吊り上げようとするのだ。ついさっきも、「ライターなら紹介するから金いっぱい出せ!」と、喧嘩腰で交渉し、僕の原稿料の相場の1.5倍の単価の案件を確保し、これを弟子たちに提供したばかりだ。

仕事をするには、多少の無茶と強引さは必要なものなのかも知れない。というか、弟子のために慇懃無礼に相手の足元を見る根性があるんなら、僕自身もあと少しだけ貪欲になりたい。(文:松本ミゾレ)

「自分の上司の側について他部門に噛みつきまくる奴が一番出世する気がする」