フィンランドでベーシックインカムの試み 生活保護とは違い「プライドの崩壊を防ぐことができる」とホリエモンは評価

全ての人に生活に必要な収入を保証するというベーシックインカム。このベーシックインカムの導入に向け、一部の対象者に一律560ユーロ(約6万8000円)を支給する試みがフィンランドで始まった。これに対して日本でもベーシックインカム実現を望む声が上がった。

CNNなどの報道よると、フィンランドは、今月1日から、失業者に一定の金額を支給する試みを始めた。この試みは、ベーシックインカムの導入に向けたテストとして行われる。対象となるのは、25歳~58歳の失業者2000人。2018年にはさらに対象を拡大するという。

失業保険とは違い、就業しても支給額が変わらない