「100時間も残業させるな!」経団連前でエキタスが抗議行動 福島瑞穂氏も参戦「こんなものは働き方改革ではない」

経団連会館の前に集まった参加者たち

経団連会館の前に集まった参加者たち

「100時間も残業させるな!」
「長時間労働をいますぐなくせ!」
「労働者に甘えるな!」

東京・大手町の経団連会館に向けて、集まった人々が一斉にシュプレヒコールを上げた。「最低賃金1500円」を求めて活動するエキタスは、3月7日、時間外労働の規制強化を求めて経団連への抗議行動を実施。平日の夜にもかかわらず、100人以上が参加し、社民党の福島瑞穂参議院議員も応援に駆け付けた。

事の発端は、経団連会長・榊原定征氏の「問題発言」だ。政府が時間外残業の上限を繁忙期で月100時間に設定しようとするなか、榊原氏は「(残業時間)月100時間はまあ妥当な水準」「あまりに厳しい上限規制を設定すると、企業の国際競争力を低下させかねない」と発言。これにエキタスは、「『国際競争力』のためなら労働者の生命や健康が犠牲にされてもいいのでしょうか」と反発していた。

福島氏「政府は少子化対策をするといいながら家庭破壊、子育て妨害をしている」