みなとみらい線で絶えない「折り返し乗車」被害 「改札出なくても運賃発生」と呼びかけるも、1日で19人の不正発覚

横浜駅には多くの路線が乗り入れている。みなとみらい線と東横線もその1つだ。両路線はそれぞれ横浜駅を始発・終着駅としているため、2004年から直通運転を開始している。利用者にとって利便性が大きい一方で、この仕組みを悪用して無賃乗車を試みる人も後を絶たない。

みなとみらい線を運営する横浜高速鉄道は5月17日から3日間、「不正乗車防止運動」として、折り返し乗車をする利用客への声掛けを強化している。

5年前から顕在化 一時的には減っても「被害は無くならない」