「シルバー民主主義を民主的に乗り越えたい」 経産省の若手が作成したパワポが話題、当日のプレゼン担当者が思いを語る

5月18日の産業構造審議会総会で配布された、「不安な個人、立ちすくむ国家~モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか~」というタイトルの資料が、ネットで話題を呼んでいる。

パワーポイント65枚にも及ぶ大作で、経産省の事務次官と若手職員30人の有志「次官・若手プロジェクト」メンバーが作成した。

政府は「多様な生き方をしようとする個人の選択を歪めているのでは」と問題提起