「クロ現」でアニメ業界の「ブラック労働」話題に 新人の平均年収110万円「一番大切なのは現場に予算をつぎこむこと」

昨年公開の『君の名は。』や『この世界の片隅に』がヒットするなど、活況を呈するアニメ業界。市場規模は過去最高の約2兆円に迫る勢いだが、アニメーターは依然として低賃金や長時間労働といった劣悪な労働環境に置かれたままだ。

NHKで6月7日に放送された『クローズアップ現代+』でも「2兆円↑アニメ産業 加速する”ブラック労働”」という特集が組まれ、ネット上で大きな反響が寄せられている。

「2次使用料や印税がアニメーターには支払われない」