埼玉県警はクジラックスさんに「自衛を提案しただけ」 自民・小野田議員が報告

「放射能を調べる」と偽って女子中学生にわいせつ行為をしたとして30代の無職の男性が逮捕された。毎日新聞などの報道によると、男は成人漫画を模倣したと供述しており、県警は作者に作品を真似た犯罪が起こらないように配慮してほしいと要請。作者は「少女が被害に遭うような漫画」は今後描かないと了承したという。県警幹部は「同様のケースがあれば今後も申し入れを検討する」と話している。

こうした報道を受け、ネット上では表現規制への懸念が高まっていた。そうした中、自民党の小野田きみ参議院議員(34)が6月15日、警察庁の担当者に聞いたという内容をフェイスブックで報告。犯人が模倣したとされる漫画の作者・クジラックスさんもツイッターで警察とのやり取りを説明した。

警察は「行為の真似は犯罪である事等を記載するというご提案をしていく」