日本のサービスは米国よりも「高品質低価格」 宅配便やタクシー、クリーニングなどで顕著

「日本のサービス品質は米国よりも高いが、価格には反映されていない」――。日本生産性本部が7月12日に発表した「サービス品質の日米比較」で明らかとなった。

調査は今年2月28日~4月11日の間、米国滞在経験のある日本人と、日本滞在経験のある米国人それぞれ500人に実施。「宅配便」「ホテル」「コンビニエンスストア」など、対個人サービス29分野を対象とし、行政サービスを除いた28分野で分析結果を発表した。

日本人は「サービス提供の迅速さ」、米国人は「性能と見栄え」を重視