働く女性の約6割「過去に自殺・生きづらさを考えたことがある」 カウンセリングに通う人は4割、「行く勇気がなかった」という人も

カウンセリングサロンの運営などを行うエムケーシーは8月8日、22歳~34歳の働く女性を対象に実施した「心の病」に関する調査結果を発表した。「過去に、自殺・生き難さを考えたことありますか?」の問いに「はい」と回答した人の割合が63%にものぼった。

調査は今年6月23日にインターネット上で実施。229人から回答を得た。

カウンセラーからの「なんで来たの?」にショック ODして3日程意識を失くす