職場にあふれる「マネジャー適任者がいない」という嘆き 中年期の「精神的成長」に問題ある人が増えたのか?

人事コンサルティングをしていると、たくさんの会社から組織課題として「マネジメント層が不足している」という声を聞きます。本当に、ほぼすべての会社と言ってもいいのではないかと思うぐらい、どこもかしこも「うちの会社にはマネジャー(管理職)適任者がいない」「みんなプレイヤー志向で困っている」とおっしゃいます。

その背景には、一つには時代的なものがあるともよく言われます。曰く、組織の中でのコミュニケーションツールが発達した現代において、情報伝達をするだけの管理職や、単なる管理をするだけの管理職は存在価値がほとんどなくなっています。その結果、そんな管理職を目指していては存在価値がなくなるということで、プレイヤー志向の人が増える。なるほど、そんな流れもありそうです。(文:人材研究所代表・曽和利光)

「次世代を育てること」は大人たちの務めだ

しかし、できるのにやりたくないのであれば、まだましですが、私が聞いているのは、マネジャーをやりたくないというよりは「そもそもできそうな人がいない」という話です。