在日外国人の4割がネットで「ヘイトスピーチ」を見たと回答  批判を恐れ、フェイスブック削除する人も

特定の民族や人種への差別を煽る「ヘイトスピーチ」が問題となって久しい。9月8日には、ツイッターでの差別的投稿を削除することを求める抗議行動が、ツイッタージャパン本社前で行われた。

在日外国人は、差別的なデモやネットの書き込みにどの程度晒されているのか。また日常生活でどのような差別に直面しているのか。2017年6月に法務省が発表した「外国人住民調査報告書―訂正版―」で実態が明らかになった。

排外的なデモや街頭宣伝を2割の人が直接目撃