オリラジ中田敦彦・終活授業で「生」の実感語る 「死ぬことが嫌なことじゃない、生きてることが奇跡だった」

生きているときに死んだときのことは考えたくない――。多くの人がそう思いがちだが、人は誰でも、いつ死ぬかは分からない。いざという時「何も知らない・誰かにお任せ」では、残された人に迷惑がかかってしまう。

9月17日放送のバラエティー「しくじり先生」(テレビ朝日)を見てそんなことを考えさせられた。オリエンタルラジオ・中田敦彦さんが「終活」について熱く解説し、タブーとされがちな話題を明るく分かりやすく伝えたことでネット上でも好評を博している。(文:okei)

「準備をしておくことは、遺族を傷つけないための義務」