立憲民主党のロゴに注目集まる デザイナーが一晩で作成、「民」の字が大きいのにも意味が

枝野幸男氏は10月2日、新党「立憲民主党」を創設し、都内で会見を開いた。会見では、結党に際しての意気込みや基本姿勢が示されたが、同党の新しいロゴにも注目が集まっている。

発表されたロゴは、政党名「立憲民主党」とその英語表記「The Constitutional Democratic Party of Japan」を青字で示したシンプルなもの。民主党や民進党時代にあった図形や絵は一切ない。「民」の字が他の4文字より少し上に飛び出ているほか、「民主党」の3文字が「立憲」よりやや強調されたデザインになっている。

「立憲民主党のコンセプトを表したものです。一晩でお願いしたデザイナーの方にも感謝です」