「子なし」の選択は「逃げ」? 吉田潮、サンドラ・ヘフェリン、中川淳一郎が心境語る 「後悔してないよね、今の状況」

結婚や子どもの有無といった選択は、本来とても私的なものだ。どちらを選んでも尊重されて然るべきだし、人様から何か言われる所以もない。しかし、結婚しない人を「負け組」と揶揄し、既婚後も子どもを持たない人を珍しがる風潮はまだ強い。

ライターの吉田潮さん(45)、ドイツ出身のコラムニスト、サンドラ・ヘフェリンさん(41)、ネットニュース編集者の中川淳一郎さん(44)らは全員既婚で、子どもを持たないと決めて生きている。吉田さんの著書『産まないことは「逃げ」ですか?』の刊行を記念し、9月下旬、下北沢の「本屋 B&B」で三人によるトークイベントが開かれた。子供を持たないそれぞれの理由や社会での違和感などを、ざっくばらんに語り合った。

ドイツには「出産はグロテスクだから自分では産めない」と言い切る女性も多い