テレワーク・デイ実施で豊洲駅の人口が最大2割減 特に働き盛りの40代男性の減少が顕著

今年7月に総務省が旗振り役となって実施された「テレワーク・デイ」の検証結果が、10月6日公開された。実施当日、10時台の人口が最も減ったのは東京都・豊洲で、14.9%の減少だった。

テレワーク・デイは、2020年の東京オリンピック開会日である7月24日に設定されている。初回の今年は東京を中心に632企業が参加し、うち83団体、3万3710人が効果測定に協力している。

浜松町は13.6%、品川は5.1%減 ヒカリエ周辺でも出勤率が減少