働く主婦層に最も支持されている政党は「希望の党」 しかし「どの政党も期待できない」という回答が最多

ビースタイルは10月13日、今回の衆議院選挙に関するアンケート結果を発表した。調査は10月11~13日にネットで実施し、同社運営の「しゅふJOBパート」登録者999人の女性から回答を得た。

衆議院が解散されたことについてどう思うかを聞くと、「反対」が最も多く45.7%。次いで「どちらでもない」(40.0%)、「賛成」(14.3%)と続く。

今月22日に衆議院総選挙の投開票が行われるが「行く(不在者投票含む)」と回答した人は84.9%と、働く女性から注目されていることがうかがえる。「行かない」は3.7%で、「わからない」は11.4%となっている。

「働く主婦もさまざま。バリバリ働きたい人、セーブしたい人を受け止められる政党はない」