高校生の6割「自分ががんばっても社会を変えることはできない」 若年層の低い投票率、背景には無力感か

今回の衆院選は、2015年に改正公職選挙法が成立し、18歳選挙権が認められてから初となる。総務省によると、2016年の参院選時の20歳未満の投票率は、18歳が51%、19歳が40%と全体平均の55%を下回っていたという。

こうした投票率の低さは「若者は政治に興味がない」の一言で片づけられがちだが、東京大学社会科学研究所とベネッセ教育総合研究所が共同で行う「子どもの生活と学びに関する親子調査2016」を見ると、18歳未満の約8割が「18歳になったら選挙に行く」と回答しており、決して意欲がないわけではないようだ。

ベネッセ教育総合研究所は10月18日、「調査データから読み取れる選挙・投票に関する『子ども・若者の意識』」という分析結果を発表した。若者の投票意欲には、無力感や政治への苦手意識などが影響していると見ている。

学年が上がるにつれ無力感も強まる 「政治は難解」と答える高校生は7割以上