クレーマーの「お客様は神様」にどう対処すればいい? サービス接客業なら知っておきたい考え方まとめ

「お客様は神様です」

日本では非常によく知られた言葉ですよね。元々は、演歌歌手の故・三波春夫さんの「舞台に立つとき、敬虔な心で神に手を合わせたときと同様に、心を昇華しなければ真実の芸はできない」という真意を持って生まれた言葉です。

ところが、「お客様は神様」という言葉は、現在、特に接客業の現場で、サービスを受ける側が、クレームをつける際の拠り所として曲解されて使われています。

また、「お客様は神様」という考えが接客業で使用されることがブラック労働や、成り手の不足を招き、結果として日本の閉そく感を生み出している、という見方もあります。

今後は「お客様は神様」という考え方からの脱却が必要!というわけで、今回は、サービスの現場で「お客様は神様」理論を振りかざすクレーマーへの対処法をまとめてみました。

「お客様は神様どころか邪神だよ!」有吉怒りの主張