勝間和代「女子高生の黒髪強要問題」に意見 「たかだか高校の先生に、そんな権限があること自体がおかしい」

先日、大阪府の公立高校3年の女子生徒(18歳)が、生まれつき茶色い頭髪を学校から黒く染めるように強要され、精神的苦痛を受けたと訴えた問題。人権を無視した、行き過ぎた校則として議論が巻き起こっている。

10月31日放送のバラエティー「バラいろダンディ」(TOYKO MX)がこの問題が取り上げると、経済評論家の勝間和代さんが、

「どうして、たかだか高校の先生が生徒の人権を蹂躙(じゅうりん)するようなことを言えるんですか」

などと意見し、「問題は2つあります」と指摘した。(文:okei)

「こういう高校が存在する以上、家庭も自衛のために調べるべき」