企業の現預金、過去最高211兆円で「何でその金を給料に回さないんだ」と怒りの声 識者は「キャリアアップ支援」を提唱

アベノミクスの影響か大手企業の業績が好調だが、企業が利益を上げても、従業員にはなかなか還元されないようだ。

企業が抱える現金と預金は、2016年度末に過去最高の211兆円に上った。16年度の純利益は50兆円で、5年前の2.6倍になっている一方、人件費は5年前から1%しか増えていないという。朝日新聞が、財務省の法人企業統計を分析し、11月12日に報じた。

ネットでは、

「だから、何でその金を給料に回さないんだよ。大多数の労働者の暮らしが良くならなきゃ、イザナギ景気超えなんて言っても何の意味もないんだよ」
「人件費に回すように税制を変えて欲しいな」

といった怒りの声が上がる。純利益が増加している以上、それを従業員に還元してほしいと思うのは当然だろう。しかし賃上げは、そう簡単ではないようだ。

「リスクや将来への不安」から人件費に回すのを躊躇