飲みニュケーション、得意ですか? 部下が飲み会に来てくれない残念な上司にありがちなことまとめ

年末に向けて忘年会などの飲み会が増えてくる時期ですね。飲みニュケーションという言葉もあるように、飲み会は、今まで交流が少なかった社員の新たな一面を知ることができるなど、親睦を深め、コミュニケーションを円滑にするツールとなりえます。

しかし、飲み会でのコミュニケーションには意味がないと考える人も少なからずいます。最近では見たいテレビがあるからと飲み会に参加しない若手社員もいるようです。年上の上司が「これだからゆとり世代は……」とあきれる様子が目に浮かびます。

飲み会の会話内容が仕事のことばかりなら、普段のコミュニケーションを密にした方が良いのでは?と考える若手社員の主張も一理あります。一方で、飲み会に肯定的な若手社員は、飲み会は仕事を進める上での潤滑剤だと感じているようです。【→詳しく見る】

「今日は無礼講」と言いつつ、部下が好きなものを頼んだら怒るダブルバインド