「残業が美徳なんて時代遅れ」「イクメンになって歴史を変えて」 全日本育児普及協会の佐藤会長がこれからの父親を語る

「イクメン」という言葉が人口に膾炙し、育児に積極的な男性も増えてきた。しかし父親の子育てには、様々な障壁が残っている。男性の育休取得率も依然として低い。

そうした現状を変えようと奮闘するのが、NPO法人「全日本育児普及協会」だ。同協会には、研修を受けた約20人の認定講師が在籍しており、子育てサロンや児童館で父親向けの講座を開いている。内閣府や教育委員会からの依頼を受け、一般の人向けに講演を行ったこともある。

「講座では、仕事と育児の両立方法についてレクチャーしています。両立のためには、とにかく定時で退社することが重要です」

そう話すのは、同協会の会長を務める佐藤士文さん(40)。佐藤さん自身も横浜市内で団体職員として働きながら、6歳と2歳の子どもの子育てに取り組んでいる。保育園へのお迎えをするため、定時退社を心掛けており、昨年は1年間で35時間しか残業していないという。

「定時で帰るためには、仕事の成果を可視化して、『成果を出して定時に帰る』という文化を作っていく必要があります。働いた時間ではなく、成果で評価してもらうのです」

おむつの交換台が女性トイレにしかないといった施設面での課題も